2016年12月19日

卵子の話題

妊娠するためにとても重要な卵子ですが、

どのように成長するのか、ご存じですか?

以外と知られていないのですが、

実は、結構時間がかかるのです。

卵子は、180日(6ヶ月)かけて成長、排卵するんです。

今日が排卵日だとすると、

@ 排卵する「卵子」は180日以上前、原始卵胞でした。

A 同時に、来月・再来月・その後排卵する卵も成長を始めています。

B 180日前によーいドンで成長を始めますが、この時1個が

   成長を始める訳ではありません。成長を始める原始卵胞の数は年齢によって異なりますが、
 
   20代だとおよそ1000個の原始卵胞が成長を始め、999個が淘汰され、

   1個が排卵にいたります。ちなみに、40代の成長を始める原始卵胞の数は、

   20代の100分の1程度に減少します。

C 原始卵胞は180日前に卵巣内で作られるのではありません。

   貴女のお母さんが貴女を授かった時にすでに貴女の体内に卵巣という

   臓器が出来ており、卵巣内に700万個の原始卵胞が存在するのです。

D 貴女が生まれる時には200万個、初潮を迎える頃には40万個まで淘汰され、

   将来排卵する卵が生き残って行くのです。


このように、卵子は長い時間をかけて選ばれ成長します。

質の良い卵は一朝一夕には出来ません。

最低6ヶ月、じっくりと卵を育む土壌となる体作りをする事が大切です。

当店ではその為の、漢方や生活習慣見直しのアドバイスをさせていただいております。

ご相談ください。

DSC_0077.jpg
夜景がきれいな季節になりました




posted by のりちゃん at 17:37| 不妊症

2016年11月16日

妊娠・出産のご報告

紅葉は今週が見頃だそうです。

秋も深まり、そろそろ冬の足音が聞こえます。

さて、お客様から嬉しい妊娠・出産のご報告をいただきました。

お客様は、結婚して10年の43歳で、妊娠経験はありませんでした。

近隣の病院で2年間タイミング療法をなさっていましたが、結果がでませんでした。

自然妊娠のご希望でした。

当店の漢方の問診では、冷え・疲れやすい・むくみ等を訴えておられました。

私は、お客様の年齢を考慮して、

・不妊専門病院への転院(まずお体の現状認識→ 選択肢としてARTも考える)

・冷えやむくみを改善する漢方の服用

を、おすすめしました。

まず、体作りの為の漢方を服用して頂きました。

並行して、専門病院へ転院して人工授精を行いました。

そして、3回目のAIHで見事妊娠されました。

その後、つわりも軽く順調に経過して、2800gの赤ちゃんを無事出産されました。

おめでとうございますわーい(嬉しい顔)

産後、母子ともに健康で、赤ちゃんはスクスク成長中との事です。

お母さんには、現在も産後の体調をよくする漢方を服用していただいております。

DSC_0068.jpg
クリスマスツリーを出しました。



posted by のりちゃん at 13:58| 不妊症

2016年09月05日

第3回子宝セミナー実施報告

昨日は、子宝セミナーにご参加頂きまして

ありがとうございました。

今回で3回目の開催となりましたが、

盛り沢山の内容で私もすごく勉強になりました。

特に、印象に残ったのは「実は男性の役割が重要だ!」

と、いうことです。

受精卵が子宮内膜に張り付き、さらに潜り込むときに

受精卵から「つの」のようなものが出るそうですが、

これが、男性のDNA(遺伝子)が良くないと出ないそうです。

驚きました〜

やはり、男性の体作りも重要なんですね。

会場のお客様も感心しきりでした。

さて、あっという間の2時間でしたが、お客様から以下のような

ご感想をいただきました。

・とてもためになりました。ダメな生活習慣がよくわかりました。
 私だけでなく、夫婦で気をつけて協力して行こうと思いました。

・幅広い内容で、初めて知ることが多くありました。今まで良いと思っていたことが
 実は体に良くなかったり、今日からすぐに取り組んで行きたい事をたくさん教えて頂きました。
 ありがとうございました。

・自分を大切にすること、自信を持つこと、生まれてくる子供を具体的にイメージすること
 などのお話が、とても印象に残りました。


お客様がそれぞれのお立場で、いろいろなことを感じ取ってくださった樣で、

主催者としても、お役に立ててよかったなと思っています。

最後に、ご参加頂いた皆様がかわいい赤ちゃんに恵まれますようにexclamation

IMG_1657.JPG
こんな感じで実施しました。
posted by のりちゃん at 18:48| 不妊症