2016年06月28日

夏の食養生

そろそろ梅雨も終盤、もうすぐ暑い夏ですね。

今日は、東洋医学からみた夏の食養生について、簡単に書いてみます。

まず、夏についてですが、

夏は五行の火どんっ(衝撃)にあたります。五臓は心、五味は苦味、五邪は暑邪です。

「なんのこっちゃ?」と思われるかもしれませんが、夏は心(精神と関係する病:鬱・不眠・不安に

なりやすい)の季節です。

そこで、心熱をとる為に、適度にゴーヤやキュウリなどを食べると良いです。

また、苦味のお茶や麦なども心熱をとり気を下に降ろして利尿してくれるのでいいですよ。

ただし、何事もバランスが大切です。体の熱を取るものの取り過ぎはダメです。

陰陽のバランスは食べ物においても大切です。

暑さや湿気が強くなり食欲がなくなる夏バテには、シソやショウガなど

香りのあるもので発散すると良いです。

土用のシジミやウナギは温性で体を補ってくれます。また、体から湿気を

追い出して、だるさや食欲不振を改善してくれます。

●茶葉
 苦味、微甘味、微寒性
 清熱降火、解暑、止下痢、利水

●苦瓜
 苦味、寒性
 解毒、暑熱を清ます、イライラをとる、目をはっきりさせる

●紫蘇
 辛味(においがあると言う意味)、温性
 解毒、安胎、不眠・イライラの改善、炎症を抑える

DSC_0643.JPG
純白の紫陽花です

posted by のりちゃん at 15:43| 漢方

2016年05月31日

眼の健康

私事ですが、

突然眼の違和感(視野の左隅に大げさに言うと稲妻が走るような)を感じ

2年ぶりに眼科を受診しました。以前から飛蚊症もあったので

ついに網膜に穴でも空いたかと思い、あわてて病院に行きました。

結果は異常なしでした。眼精疲労・老化現象のようです。

パソコンで眼を酷使しているせいかもしれません。

老眼で細かい文字が見えにくくなっていたのですが、老眼鏡をかける事に抵抗があり

いままでやせ我慢していました。

それもそろそろ限界だと感じ、これを機に思い切って老眼鏡を購入しました。

眼科の検査で両眼とも視力は同程度だと解ったので、既製品の「プラス1」の物を購入しました。

かけてみたら、これがすごく楽で眼を凝らさずに新聞もPCもはっきりくっきり見えます。

最近感じていた眼精疲労も軽減しました。

それでも、長い時間パソコンやスマホを見ていると眼精疲労や目のかすみが気になりますよね。

そんな時は漢方、「のむ目の薬」をお試しください。

効能効果を取得している医薬品ですので、安心して服用していただけます。

おすすめですよ。

DSC_0612.JPG


posted by のりちゃん at 13:27| 漢方

2015年06月08日

ジメジメして来ました

そろそろ梅雨ですね。

先月は、5月としては140年で一番暑かったそうですが、

今年の梅雨や夏はどうなるのでしょうか?

気候の変動が加速度的になって来た様に感じます。

さて、梅雨の季節は「湿」が体に悪さをします。

気候の変化により、今までよりも湿に影響を受ける期間が長くなりそうです。

湿(邪)には、重濁の性質があると、漢方では捉えています。

重の症状は、頭重感・全身倦怠感・四肢の重だるさ・関節痛

濁の症状は、眼脂・軟便・混濁尿・帯下の増加・ジクジクした湿疹

などです。

この様な症状を感じたら、湿による不調かもしれません。

ご相談ください。
ajisai.JPG
アジサイはまだこれからですね

posted by のりちゃん at 10:11| 漢方