2018年06月29日

湿のお話

6月なのに、今日も暑いなあ晴れと思っていたら

本日、なんと梅雨明けだそうです。記録的な早さらしいです。

空は夏空、快晴です。

日本の夏は気温とともに湿度が高いですよね。

この湿気、漢方では湿とか湿邪(しつじゃ)と表現します。

日本は海に囲まれているので、湿により体が犯されて体調不良になる事も多いです。

自然界のものを外湿といい、体の中で発生するものを内湿といいます。

どちらも、人体の生理機能に悪い影響を与えます。

体にたまると、ドロドロと粘った汚い水に変化して「つまり」の原因になります。

漢方でいう気・血・水の巡りが悪くなります。

頭が重い・体が重だるい・むくみ・関節痛などの症状を引き起こします。

不妊の原因になる可能性もあります。

体に湿がたまったら、湿を体外に出しましょう。これを利水といいます。

利水薬はいろいろあります。体質や症状で使い分けます。

DSC_0503 (002).jpg
雲一つない青空です







posted by のりちゃん at 17:29| 不妊症