2017年01月24日

妊活で、男性は何をするべきか?(その2)

新聞で、元大関の小錦さん(53歳)が男性不妊(無精子症)で

治療を10年以上続けている との記事(朝日1月23日掲載)を読みました。

結婚前からわかっていたようです。

睾丸を切り開いて精子の細胞を探すMICRO-TESEという手術を受けていたとの事。

記事の中で小錦さんは、

・悩んだって結果は変わらない。できることを探して実行するだけだよ。子どもがほしいなら、
 そうする他ない。近道も遠回りもないと思っている。

・不妊の原因が男性にあっても、治療の主体は女性なんだ。僕は普段どおりの生活をして
 彼女のサポートをするだけ。

・男性に出来る事は、まず検査を受けること。はずかしがることなんてないよ。

・強く訴えたいのは、男性に出来る事は少ない。だからこそ、出来る事 はするべきだと思う

と言っています。

皆さんはどう思われますか?

私は小錦さんの考え方はもっともだと思います。

もし、ご夫婦で子供がほしいと思うなら、男性も尻込みせずに直ぐに

精液検査などの妊活を始めるべきだと思います。

DSC_0078.jpg
寒さもそろそろ底入れでしょうか?
posted by のりちゃん at 17:40| 不妊症