2015年07月17日

妊娠してから気を付ける事とは?

今日は「妊娠してから気を付ける事」について書いてみます。

1.からだを冷やさない様にしましょう。
  腹巻をして、ズボンをはいて下さい。
  靴下を必ず履きましょう。
  冷たいものを口に入れないで下さい。
  お腹が冷えるということは、子宮を冷やすということです。
  特に産婦人科にて子宮が冷たい、硬いと言われた事がある方は要注意です。
  冷えは逆子の原因にもなるそうです。

2.お手洗いが近くなっても我慢をしないで、すぐにトイレに行きましょう。
  膀胱炎になりやすい時期です。
  また外出先でのビデは使わない方が良いです。
  利尿目的でショウキをしっかり飲んで下さい。

3.根菜類を積極的に摂ってください。便秘の予防になります。

4.重たいものを持たないでください。
  病院では通常の生活をしてよいと言われますよね。
  通常の生活?
  ゴミ出しやお布団を干したり、片づけもの等は、ご主人にお願いしましょう。

 
5.温泉や公衆浴場は控えましょう。
  どこで何をもらってくるか、分からないですから。
  今は免疫力が落ちやすい時期です。

6.職場で誰かに知って於いてもらって下さい。
  膀胱炎、出血によって緊急入院することがあります。
  入院すると一週間以上退院出来ない事もあります。
  仕事に影響が無いように、人知れず不妊治療を頑張って来たかもしれません。
  しかし、頼ることが出来るなら信頼できる人に頼るのも大切です。
  前もって心配事をなくしておきましょう。

7.アルコールの摂取は厳禁です。

8.甘いもの(白糖)は控え目にしましょう。

9.外泊する時は、温かい格好で出掛けましょう。

10.電子レンジやスマホの利用は最低限にし、電磁波から身を守りましょう。

これらを守ったからと言って流産しないとは限りません。
でも、出来る事は全部してあげてください。
今まで当たり前のように口に入れていた食べ物を、もう一度見直してください。
妊娠経験のある女性の40%に、流産経験があります。

無事に、かわいい元気な赤ちゃんが産まれますようにexclamation
posted by のりちゃん at 16:24| 不妊症

2015年07月11日

夏の嬉しい出産報告

今日は、久しぶりに晴れですね。

気温も暑くなって来ました。

さて、お客様から出産のご報告を頂きました。

32歳の方で、自然妊娠です。

4月に3070gの元気な男の子を

無事、ご出産されました。

おめでとうございまするんるん

「スクスク成長されている」との事です。

お客様は、妊娠するまでは、ショウキT-1と漢方を、

妊娠中及び出産後は、ショウキT-1を服用されています。

つわりはほとんどなく、出産後の体調もまずまずとの事。

これから夏真っ盛りです。

産後の体調管理、お気を付け下さい。
posted by のりちゃん at 11:32| 不妊症